アニメ

1: yomiφ ★ 2014/04/21(月) 21:33:25.74 ID:???
no title

>>100分の1ヤマトと内田彩、菅生隆之、西崎彰司プロデューサー)

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズの新作映画のタイトルが
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』になったことが、21日に東京・西武池袋本店の西武
ギャラリーで行われた、同シリーズの40周年プロジェクト発表会で明らかになった。
この日は声優の内田彩、菅生隆之、プロデューサーの西崎彰司が出席した。

 1974年からテレビ放送され、一世を風靡した人気アニメを現在によみがえらせた
「宇宙戦艦ヤマト2199」。完全新作となる劇場映画『星巡る方舟』は、「ヤマト」40周年
プロジェクトの目玉として企画されていたもので、12月6日公開予定。
出渕裕総監督を筆頭に、ヤマトに深い愛情を持つスタッフによって、鋭意制作中だという。

 公開を祝して出渕総監督は、「40年。あのヤマトとの出会いから40年の月日が流れた。
(中略)40年。あの時、ヤマトと出会い、衝撃を受けた者のいったい何人がこの40年後の
再会を予想し得ただろう。だがそれは現実となった。『かならず帰る』の言葉のとおり、
それは現実となり、そして旅は続いてゆくのだ」とコメントを寄せた。

 さらに『星巡る方舟』の公開に先駆け、2012年から昨年にかけて劇場公開された同作の
第1章から第7章を再構成した特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』が
10月11日からイベント上映されることも同時発表。こちらは構成を
「宇宙戦艦ヤマト2199」の脚本家の1人である森田繁が担当し、監督をシリーズ第18話の
演出を務めた加戸誉夫が務める。

 また同シリーズの40周年プロジェクトでは、明日22日より西武ギャラリーで
「宇宙戦艦ヤマト2199 原画展」を開催。劇中のメカやキャラクター、美術に設定資料など、
一流クリエーターたちの熱い思いが詰まったオリジナル原画を200点以上展示する。
この日は会期中に展示されるという、100分の1スケールの「ヤマト」モデルの除幕式も実施。
ゲストとして来場した沖田十三役の菅生は「『宇宙戦艦ヤマト2199』、40周年プロジェクト発進!」
の掛け声で、ヤマトの新たな旅路を祝した。

映画『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は10月11日よりイベント上映開始
映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』は12月6日より全国公開

http://www.cinematoday.jp/page/N0062342

オフィシャルサイト
http://yamato2199.net/

【劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 タイトル発表!公開は12月6日 総集編と連続公開!】の続きを読む

P1070904

1: yomiφ ★ 2014/04/20(日) 14:50:54.49 ID:???
毎年、『このライトノベルがすごい!』を出版している宝島社によると、
ラノベ(ライトノベル)の定義は、「カバーと本文にイラストを使い、
主に10代の読者層に向けたキャラクター小説」だそうです。
今回は、ツッコミどころ満載のラノベタイトルを選んでもらいました。

1位 お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
2位 だから僕は、Hができない。
3位 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
4位 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
5位 這いよれ! ニャル子さん
6位 これはゾンビですか?
7位 この中に1人、妹がいる!
8位 問題児たちが異世界から来るそうですよ?
9位 変態王子と笑わない猫。
10位 犬とハサミは使いよう
10位 ささみさん@がんばらない
12位 中二病でも恋がしたい!
13位 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
14位 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。
15位 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
16位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
17位 パパのいうことを聞きなさい!
17位 バカとテストと召喚獣
19位 人類は衰退しました
20位 電波女と青春男

 表紙を見ただけで「読みたい!」と思わせるインパクトを重視するゆえか、ユニークな
タイトルがずらりと並ぶラノベの世界。1位に選ばれたのは、
《お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ》。普通に考えたら、きょうだい相手に
過度な愛情を注ぐことは大いに問題がありそうなのですが…。
ラノベの魅力のひとつは、一般的に「禁断の愛」といわれるような設定でも、コミカルに
描くことでシリアスになりすぎないようにできること。
7位《この中に1人、妹がいる!》、14位《最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。》、
15位《俺の妹がこんなに可愛いわけがない》のように、「妹萌え」はもはやひとつのジャンル
として確立しているので、あくまでファンタジーとして楽しめるのでしょうか。
もっとも1位になったこの作品は、単純にタイトル通り普通の兄と妹の関係、というわけでは
なさそうです。

4位《勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。》は、悩める学生たちが
思わず手に取ってしまいそうなタイトルですね。主人公は勇者志望の優秀な若者。
「勇者試験」を前にして魔王が倒されてしまい、しぶしぶ電気屋に就職することに。
そこで倒された魔王の娘と出会い、運命が変わっていく…という、ラノベらしいユニークなお話です。

 「ラノベ」という響きで敬遠していたあなたも、ランク・インしたタイトルに思わず興味を
そそられたのでは。気軽にサクッと読めるのがラノベの大きな魅力なので、気になる作品を
一度手にとってはいかがでしょうか。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1035241

【【話題】思わず突っ込みをいれたくなるライトノベルのタイトルランキングwwwwww】の続きを読む

1: yomiφ ★ 2014/04/20(日) 14:59:08.42 ID:???
no title


アニメに関するさまざまな会社を訪ねる当連載、今回はアニメ制作会社のマッドハウスさんにやってきています。
前回は今年1月から放送された『魔法戦争』について佐藤雄三監督を交えてお話を伺いました。
後編では前回から引き続き登場の宣伝担当・武井風太さん、三田朋美さんに、アニメーターや
アニメ制作会社で働くということについてじっくり話を聞いてみます。それでは早速どうぞ!

――御社では現在何人くらい働いているのでしょうか?

武井:正社員は80人くらいですね。それに正社員ではない外注の方やフリーのかたが大体
200人前後出入りしています。これで現在6~7本くらいのラインが動いています。

――200人でそれほど作れるものなんですね。

武井:とは言え、アニメ制作には他社のかたも多く関わってきますからね。ひとつの作品で
200人くらいでしょうか。本当に共同作業です。

――200人というのは制作会社としては大きいのでしょうか?

三田:大きいと思います。同時に色んなラインが動いていて、色んな制作工程を見られるのは勉強になりますね。

武井:作るジャンルも多岐に渡っていますし。そういう意味では面白い会社なのかもしれません。

――よく「アニメ制作は大変」という話がありますが、実際のところどうなんでしょう?

武井:確かにそういう部分はありますが、やりがいはあると思います。制作会社といっても
いろいろな職種の人たちが集まってできています。こちらの三田も赤ちゃんができて、今は
こうして一時的に宣伝を担当していますが、最近まで演出という仕事をしていました。

三田:演出はすべてのチェックに立ち会う必要がありますから、アニメ制作の終盤はスケジュールも
少なくなり、朝も昼も夜もない感じになりましたけどね(笑)。でもアニメのクオリティに
大きな責任を持つ仕事ですし、そこから監督になるという道につながっているので頑張れます。

――ちなみに1枚あたりのギャラはいくらくらいなんでしょうか?

武井:動画や仕上げは1枚数百円単位ですね。

――動画を1枚描くのにかかる時間は?

武井:カット内容によりますね。たくさんモブがいて動かすとなったら、1日10枚上げられない
こともありますし。ただ簡単なカットをやったほうが手取りとしてはいいけど、難しいカットを
やったほうが実力は上がる。マッドハウスではどちらをやるか選べるわけでもないので、難しいところです。

――原画の場合はいくら?

武井:だいたい数千円ですね。劇場版だと単価が高くなることもあります。やはりアニメーターは
体力勝負という部分がありますが、弊社には70代のアニメーターの方もいらして、バリバリ現役です。
『織田信奈の野望』もやってらっしゃいましたよ。

――この記事の前編でアニメ制作は大変だという話もありましたが、やはり楽しそうですね。どういう人が向いていると思いますか?

武井:僕達がやっている宣伝という職種は、会社によってはプロデューサーが兼ねているくらいなので、
参考にならないかもしれません。ただアニメ制作は、いろんなスタッフと関わる共同作業なので、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

――アニメーターになるにはやはり絵が上手くないと駄目ですか?

三田:まず絵を描くことが好きなこと。あと弊社だと入社前に試験があるので基本的な画力は必須です。

>>2につづく)
http://ddnavi.com/news/191719/

【現役70代のアニメーターの仕事wwwwww】の続きを読む

きんいろモザイク


1: 【沖縄電 - %】 【5.1m】 ◆??? @つかさ ★ 2014/04/19(土) 00:57:37.38 ID:???
「きんいろモザイク」TVアニメ2期決定、原悠衣も祝福

原悠衣原作によるTVアニメ「きんいろモザイク」の第2期制作が決定した。

3月にアニメ続編の制作が報じられた「きんいろモザイク」。発表媒体は未定とされていたが、
このたび新たなTVシリーズとして制作されることが明らかとなった。公式サイトでは2期の放映決定を記念し、
キャストからのお祝いメッセージが公開されている。TVの画面で再び、忍やアリスたちと会える日を心待ちにしておこう。

また本日4月19日発売のまんがタイムきららMAX6月号(芳文社)の裏表紙には、原作者の原がイラストとコメントを寄せた。
放映時期などの詳細は今後、きららMAX誌上や公式サイトなどで告知されていく予定だ。


http://natalie.mu/comic/news/114826

関連
【アニメ】『きんいろモザイク』 続編制作決定!
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1395329852/

【キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 「きんいろモザイク」TVアニメ2期決定!!!】の続きを読む

このページのトップヘ